2020-09-22

象徴

 

 
久しぶりに人混みを見た気がする。
 
コロナ絡みのことが微かに落ちつき傾向のような、そして皆が対処のしかたにも慣れてきたような、 
でもまだ何ともいえない感じの秋の連休。
暑さもやっとピークを過ぎて、それは誰だって外に出たいと思う。
ワイワイ楽しそうな大勢の人出で、一見普通の平和な光景なのだけれど、 
実際はマスク姿の人々の群れだった。
 
「あの頃ホント大変だったよねえ〜」って笑いあう日はいつなんだろなあ。
ちびっこ達が小さな噴水ではしゃぐ様子が微笑ましい。
平和の象徴のような良い絵面だなあと眺めた。
小さな子ども達もストレスフルにちがいない。
束の間だとしても思う存分飛び跳ねて遊んで帰ってほしい。
 
私も一緒に水の中ピョンピョンしたいと思いつつ写真におさめた。


 

2020-09-17

食べたい季節



  

サンマが不漁だそう。

1キロ当たりの最高値が1万1千円
1キロ当たりの最高値が1万1千円

 

1キロ当たりの最高値が1万1千円

初競りで1キロあたりの最高値が11,000円というニュースだったけれど、

もうこの秋には味わえないのかもしれない。

生態系がガタガタと崩れているのかなあ。

1尾38円で叩き売りになるような年もあって、そんなのを目にすると大変だなあと思うし、

食べられないかもと言われると素直に寂しい気持ちになる。

 

先日サバを焼いた。脂がのって、唇から溢れでるほどのジューシーさだった。

野菜売り場にサツマイモが何種類も並び、

平台の上に赤紫色のグラデーションができあがっていた。

同時に脳内で、甘くねっとりした粒子をモグモグ味わっているのに気づく。

エア・ギターならぬエア・焼き芋。

栗きんとんの製造風景を、例年と同じく「テレビ画面」から眺める。

よーいどん!で始まったような湯気のあがる活気が伝わってきた。

「栗!食べたい!」・・・いとも簡単にマスメディアの思惑にはまる。 

 

こうやって考えてみると、

消費者目線での、とっても食い意地のはった日々の気づきばかりだった。

 

 

 

 

 


2017-06-19

歩きの効用






いつもの道を通るとき、
右回りと左回りとでは、眺める風景がまるで違う。


音だってかなり違う。



車や電車の音が、まず右の耳の方から入ってきたり、
反対に左の方から飛び込んで来たりと、
歩く方向だけでだいぶ変わる。










そんな違いだけをただ感じながら歩いていてると、
知らない間に頭のなかが、
ちょっとだけクリアーになっているのがわかる。





2017-06-17

寄せ植えのお届け 6月



 
 
 
 
 
暑くなってきたので、アレンジがわりに寄せ植えのご依頼です。
 

 


 
 
ユーフォルビア・ダイアモンドスター
サルビア・カラドンナ
ゴシキトウガラシ・パープルフラッシュ
センニチコウ・ホワイト
 
 
 
 
 

2017-06-10

キッチンガーデン






大根の頭のところ。

水につけておくと、小さくて柔らかい、なかなかおいしい葉が
そこそこ出てきます。







豆苗を、もともとの水耕栽培のスポンジの上でカットして食べたあと。


スポンジごと水につけておくと、
小ぶりで食べやすい、
最初よりも青臭い香りが控えめな葉が出てきます。


これまた、ちょっと添える飾り用にとっても重宝します。


なんてことはないけれど、
ぐんぐん伸びてくる様子をキッチンの目の前で毎日見られるのは、
とっても楽しいです。



2017-06-07

グッドタイミング







トンネルの向こう側が明るい。


商店街の、ほのぐらいお店の中からファインダーを覗いていると、
ゆっくりと通り過ぎようとするおばあちゃんが視界に入った。



急いでシャッターをきる。

ハッピーな一瞬だ。